HOME > Druva

Druva inSync
製品名:ドゥルーバ インシンク

druvalogo.png
Druva inSync (ドゥルーバ インシンク)はモバイルワーカー向けにデータセンタークラスの可用性とガバナンスを提供し、統合データ保護ソリューションに対する企業のニーズに対処します。最も安全なクラウドインフラストラクチャ、ポリシー、手順を提供するため、実績ある Amazon Web Services(AWS) の信頼性を活用しています。企業は inSync の使用により企業データの可視化および制御を取り戻し、データ保護、ビジネス継続性、従業員の生産性に対する脅威のリスクを削減することができます。

Druva inSync の主な利点

設計不要でシンプル

インストールはクライアントエージェントのみでバックアップサーバ等は構築不要。
ソースサイドでグローバル重複排除しユニークブロックデータのみをクラウドに保護。
AWS使用料、ダウンロード費用は年課金(月額)内に含まれる為、追加費用は無し。
月額課金で今すぐデータ保護を始められます。
追加機能:情報漏洩対策として暗号化、探索、ワイプ機能も有ります。

グローバルなアプリケーション対応の重複排除

各デバイス上のデータ冗長性のみを排除する他社のソリューションとは異なり、Druva はブロックレベルですべてのユーザー/デバイスにまたがってグローバルに重複排除を行うため、ユニークなデータブロックのみが Druva システムに送信され、保存されます。これにより狭帯域または低 CPU リソースであってもネットワークおよびバックアップ速度の最大化を確保します。

データガバナンスと eDiscovery

Druva inSync は企業がデータガバナンスの要件を満たすために一元的な可視化と制御を提供するよう、パソコン、モバイル、クラウドアプリケーション (Office 365) をまたがってユーザーデータを統合する、業界初のソリューションです。可用性とガバナンスに関するシングルダッシュボードを使うことで、inSync は IT および法務管理者向けに簡単なポリシー作成、活動監視、リーガルホールド管理、eDiscovery 用のデータアクセス提供を実現する統合プラットフォームを提供します。

可用性とデータ耐久性

inSync のクラウドデータセンターのレプリケーションおよびマルチゾーン冗長性により、最高の可用性とデータ耐久性を提供します (99.5%の可用性と99.999999999%のデータ耐久性)。また、Druva により利用されるデータセンターは保存されたデータを保護するために広範な認定を得ています。

セキュリティとデータプライバシー

データとメタデータが切り離されて暗号化され、高度なデータ暗号化アルゴリズムとユニークなエンベロープベースの暗号化モデルの両方を利用する Druva の企業データ保存アプローチにより、ユーザーデータにはその組織のみがアクセスできることが保証されます。いかなる状況下でも Druva はユーザーデータにアクセスできず、これは今日の厳しいグローバルデータプライバシー規制を満たすために重要な要素です。

サービス概要図

druva1.png

対象ユーザー

ユーザーの端末データバックアップを社員に依存するのは生産性低下や紛失等の危険性が生じ、組織としてリスクが高まります。知的財産や研究データ、顧客や取引先情報などの機密情報はサーバーだけでなく、端末やクラウドアプリ上にも無秩序に拡散し続け、操作ミスやアプリケーションのバグなどによる損失対策や追跡できないことに頭を悩ませる組織が多く存在します。端末や回線に負荷を与えることなく自動的にバックアップを行うことでユーザーデータ損失のリスクをなくし、端末紛失時や故障時にもすぐに仕事を再開でき、新しい端末へのデータ移行を容易にしたお客様向けの製品です。ユーザーだけでなくIT担当者の負荷も大幅に削減されます。端末だけでなく、Office 365、Box、Google Appsなどクラウドアプリのデータも損失リスクを防ぐことができます。

製品の概要

・特許取得済みのグローバル重複排除によりバックアップ・復元時の負荷を最大90%削減します。帯域が不安定なネットワークや、リソースの少ないPCやモバイルデバイスでも利用可能です。
・バックアップはエージェントにより自動実施され、復元はユーザー自身または管理者による代行が可能です。
・管理者はバックアップされたすべての端末、クラウドアプリのユーザーデータを横断的に検索することが可能です。
・DLP機能により端末の位置探索と紛失時のリモートワイプが行えます。またディスク暗号化を強制できます。
・ユーザーアカウント単位で複数デバイスが利用でき、すべてのデバイス間でデータに即時アクセス可能です。ユーザーはさまざまな場所でデータを作成、参照できます。

・パスワード、有効期限、ダウンロード回数制限の設定や追跡が可能なワンクリックのセキュアなファイル共有が行えます。またユーザーグループ内で同期フォルダーを使用して共同作業できます。
・AWSとAzureを活用し、最高の可用性とデータ耐久性を提供します。お客様はデータを保存するリージョンをユーザーごとに指定することができます。
・IT および法務管理者向けに簡単なポリシー作成、活動監視、訴訟ホールド管理、eDiscovery (電子情報開示) 用のデータアクセス提供を実現する統合プラットフォームを提供します。
・データとメタデータが切り離されて高度なデータ暗号化アルゴリズム (AES256) とユニークなエンベロープベースの暗号化モデルで暗号化され、他のSaaSサービスとは異なりユーザーデータにはその組織しかアクセスできないことが保証されます。

導入実績

全世界で4,000社以上の企業で採用されており、400万台以上のデバイスを保護しています。導入実績には業種の偏りはありませんが、特に製薬、ハイテク、製造業、コンサルティングファームなどエンドポイントやクラウドアプリ上の知的財産や研究データの保護や保全を目的に数万ユーザー規模で導入された事例もあります。詳細はhttp://jp.druva.com/customers/ をご参照ください。


製品の評価版やお問合せはCLCPまでご連絡下さい


お問い合わせ先
03-4500-2805 info@clcp.co.jp
CLCP ソリューション事業推進部 営業 野田・堀江