HOME > Logstorage

logstorage.gif

Logstorage

サーバやネットワーク機器、アプリケーションなどが出力する多様なログを機器の種類・ログのフォーマットに依存せず収集します。企業がログ管理で必要となる機能を提供します。様々なログソリューションから出力される各種ログを統合コンソールにて保存・検索・検知・レポートする事が可能です。


Logstorageとは

pic_logs01.gif・大規模分散システムのログを一元管理し、サーバやネットワーク機器のログ管理を効率化します。 
・ログにタグ付け(意味付け)を行うことによって、ログの意味を知らないオペレータでも簡単に目的のログを探し出すことができます。
・ログによるシステムの監視管理に効果を発揮します。
-サーバやネットワーク機器の障害監視/管理
-セキュリティの監視/管理



Logstorageのメリット

モニタリングの強化

各種ログを統合的に監視・管理する事でインシデントやエラーを的確に把握し、顕在化していないインシデントについても未然に予測できます。また必要な時に必要なログの検索が可能であるため、インシデント発生時に「担当者が不在でログが提出できない」といったケースを回避することが可能です。

証跡(ログ)の保全

証跡(ログ)を業務処理が正しく実施されたことの証明とすることができます。またPCIDSSやシステム監査などに必要な情報の統制や監査の要請に応じて証跡(ログ)を効率的に保管することで、監査要件にも対応できます。

ストレージの有効活用

各ノードにて個別にログを保管する場合にはログの為の領域が必要となり、ストレージ容量を有効活用できないケースがあります。
統合ログ管理では、ログを1カ所に集めることで、各ノードの保持ログ量を最低限(もしくはゼロ)とすることができます。

管理者工数・リソースの削減

各ノードでログを管理する場合には、各ノード管理者ごとにログのアーカイブ、取り出し、ログ検索、レポート作成など各ノード管理者に様々な作業が発生します。
またログの管理ポリシー(ログ保持期間やレポート形式など)についても統一する必要がありますが、統合ログ管理では全て自動化することが可能です。

ログ領域の有効活用

収集したログをバイナリ変換し、圧縮保存することで、収集ログを元の10〜20%までサイズダウンし保管することが可能です。
また指定した期間(例えば6ヶ月)を経過したログを自動削除、または外部にアーカイブする機能がある為、Logstorage自体のログ保存領域を有効活用することが可能です。

ログの標準化

ログはアプリケーション・システムごとに出力内容、形式が異なっており、アプリケーション・システム担当者以外が、その内容を把握することは困難です(ログの属人化といいます)
Logstorageでは各ログについて定義を行うことにより、そのログの意味付けや各項目の仕分けが可能であるため、直接の担当者で無くとも発生している事象について把握することが可能です。(ログの標準化といいます)

ログ管理の自動化

Logstorageのレポート機能は定期的(日次、週次、月次など)にレポートを自動作成し、出力されたレポートを特定ユーザにメール添付で送信することが可能ですので、各管理者はLogstorageへアクセスせずとも効率的に担当機器の監査を行うことが可能です。

プロフェッショナルサービス

構築サービス

ログ管理システムにおける様々なご要望にご対応いたします。
詳しい構築サービス内容については、上記リンク先をご確認ください。

  • 新しくログ管理システムを構築したい。
  • 既存のログ管理システムをリプレースしたい。
  • Logstorageをバージョンアップしたい。(Ver2 -> Ver5, Ver3 -> Ver5, Ver4 -> Ver5)
  • Logstorageのエディションを変更したい。(WG -> AD, Solaris/Linux -> Windows, 32bit -> 64bit)
  • Logstorageへ新しくログを追加したい。
  • Logstorageをもっと活用したい。

構築事例  --> 近日公開予定

弊社の豊富な構築実績(2016年3月末時点の実績数:67社)から一部の構成例を随時ご紹介していきます。

  • サービス提供とセキュリティ強化の両立(データセンター)
  • ログ管理によるSAPの監査対応(ログ長期保管)
  • PC操作ログを元にしたレポーティング活用(社員マスタ連携)
  • ログ管理によるPCIDSS認証取得(PCIDSS)
  • ログと申請書の突き合わせによる監査対応(特権ユーザ管理)
  • 系列会社へのログ管理サービス提供(大規模構成)

製品の評価版やお問合せはCLCPまでご連絡下さい


お問い合わせ先
03-4500-2805 info@clcp.co.jp
CLCP ソリューション事業推進部 営業 野田・堀江